2015年02月22日

覚書

だいぶ前に出演した自主映画のDVDが届いた。エチュードから丹念に作っていった作品。だが、一言一句台詞通り。

これがいいんだな。編集と台詞の力でかなり助けられてるにしろ、今の自分よりはるかにいい芝居してると思った。

週一で事務所のワークショップに通い、瞬発力はかなりついたが、芝居が固まっている。
身に付いてしまった技術がこびりつき、そこに頼ってしまう。逃げてしまう。
感覚が鈍くなっていってるのが怖い。

その全ての原因は準備不足だろう。
キャラクターを強くする事で、準備不足を誤魔化し、落ちてない台詞も力技で持っていってしまう。
売れて忙しいなら、現場に迷惑かけないためにも仕方ない部分もある。

でも忙しくもない今、こんな芝居してるようじゃ駄目だ。こんな大量生産の芝居。

もっと血眼になれ。今を生きろ。相手に為に芝居しろ。前のめりに失敗しろ。むき出しで芝居しろ。怠けたら終わるぞ。

あの頃みたいに状況と関係性に染まりきりたい。脳ミソ騙して。記憶捏造して。何だって、どんな台詞だって言える気がした。無敵だと思った。

この前のも反省だな。
ネタ作るのに必死で、芸人としてどう生きてきたか、全く考えてなかった。
結果として地が出たので良かったが、俳優の仕事としては…。

なんにせよ現場にでないとな。
評価されなければなんの意味もない。









posted by あべこう at 01:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

叶う

長丁場な撮影を終え、帰りの電車をのり間違えまくり、もう帰りつかないのではないかと不安になりながらも、なんとか帰還しました。

今日は、
この日は生涯忘れない大切な日となりました。

小学5年の時、バラエティを観てて、稲妻に打たれるような衝撃が、芸能界を目指すキッカケでした。それから高校2年まで、本気で芸人になる事を夢みてました。
才能の無さに気付き、俳優になったんですけどね。

その、キッカケとなった方と今日、共演しました。そして、僕は芸人の役。台本にはない、ト書きだけの役ですが、コントと一発ギャグを1ヶ月前から練りに練り、今日の撮影に臨んだ訳です。そのネタを憧れ続けたその方に見せるってシーンで。

その方に逢うってのと、芸人になるって子供の頃の夢が同時に叶っちゃった訳です。

そらもう、緊張しますよ。
手が震えるわ、足つるわ。カメラ位置を気にする余裕すらなく。

良かったどうかは解りません。現場では皆笑ってくれます。でも、僕は今出せるだけのものは全部出した。悔いはない。
やりきった感、おい!俺、調子のってんじゃねーぞ感を同時に抱きつつ、こたつで寝落ちしました。

オンエアが近づいたらまたお知らせします!!

是非是非観て下さい。
素晴らしい作品です!
posted by あべこう at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。